サービス一覧

不動産投資ローンは、通常の個人向けローンとは異なる審査がされます。
通常のローンでは、本人の年収、勤務形態、勤続年数などの属性が重要になります。
本人の収入からローンを返済していくので、年収が最も重要になるかもしれません。
一方、不動産投資ローンでは、家賃収入からローンを返済していくので、物件の評価が最も重要になります。
例えば、入居者が8割いる状態での家賃収入が50万円だとして、ローンの毎月の返済額が100万円あったらローンの返済はできません。
家賃収入が150万円あれば、ローンを返済してなお利益が50万円出るので、余裕があります。
このように、予測される家賃収入が最も重要になります。
空き室リスクもあるので、人口の多い都会と人口が減少している地方では審査のポイントも異なるでしょう。
また、本人に十分な給料があれば、仮に家賃収入だけでローンが返済できなくなっても、給料から一部を出すことができるので、借りられる金額が上がることがあります。